2019年ローベンステント。当店独自の新サービスがヤバい。キーワードは「リペア」「土間」「無料」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もローベンス始まります!

こんにちは!

年々人気が出てきてバリエーションも増えてきたローベンスのテントですが、毎年お客様からご要望をいただきます。

昨年はお客様のご意見を元にグランドシートをオリジナルで作らせていただきましたが、2019年は更なるサービスの充実を目指して、更に当店ならではの新しいサービスを始めます!

新サービスはこの3つです。

1)グランドシートの無料提供(対象モデル限定)

2)アウトバックシリーズ(クロンダイクなど)のリペアパッチ無料提供

3)クロンダイクの土間対応グランドシート発売開始

以下で個別に説明させていただきますね(⌒∇⌒)

1)対象ローベンステントのグランドシートの無料提供

コチラはアンケートを返送いただけるお客様へのサービス(といっても強制ではないです)ですが、通常8300円~10980円で販売させていただいているグランドシートを無料で提供させていただくことになりました。

2018年たくさんのお客様にグランドシートをご注文いただき、改善改良を繰り返してきました。

ご意見やご要望に何とか応えていこうと改善を重ねた結果、品質も製造効率もかなり上がり安定してきました。

そこで今年2019年はこのグランドシートを、期間は未定ではありますができる限り無料でプレゼントさせていただこうという事になりました。

更にたくさんのご意見をいただくことで更にお客様のご要望に応えることができるお店に成長できると思っております(⌒∇⌒)

【注目!】グランドシートの保証について。

当店はグランドシートも売りっぱなしという事は致しません(⌒∇⌒)

テントのような無償交換期間というのは設けておりませんが、ちょっとした穴の補修に便利な補修用リペアパッチは何度でも無料(送料も無料です)で提供させていただきます。

強風でループが抜けてしまったなどのトラブルの場合は、送料はご負担いただくことになりますが、補修は何度でも期限なし無償で承ります

テントの中で最も痛みが出やすいグランドシートです。小さい穴でも放っておくとフロアの劣化につながります。

ぜひぜひご活用いただければと思います(⌒∇⌒)

2)アウトバックシリーズの「リペアパッチ」無料提供

ローベンスのアウトバックシリーズとは、クロンダイク、フェアバンクス、カイオワなどポリコットン製のテントのシリーズです。

煙突ポートが付いているモデルが多いことからも冬の薪ストーブのご使用も前提としたシリーズです。

※フェアバンクスは煙突ポートは付属していませんm(__)m

薪ストーブで心配なのは火の粉による穴開きかと思いますが、メーカーから専用のリペアシート等は提供されていません

特に今年は素材の割合が変更になりポリエステルの割合が35%から65%とポリエステルの割合が高くなっていますので、火の粉や熱に対して不安に感じられているお客様は多いようです。

メーカーは煙突ポートを付けた仕様で販売しているので当然安心してお使いいただけると思います。

2019.3.09

メーカー本社に問い合わせたところ、正常な薪ストーブの使用について、素材は全く問題ないと返事がきました。

はっきりと返事が来たので安心してお使いいただければと思います。

もちろんただひい使用方法で!ということでした。

ただ割合は関係なく火の粉で穴が開く可能性は0にはなりませんよね(^^;

テントに穴が開くと、テンションが下がります。下手するとテントに対する愛情も・・・

それはテントの販売店としてはとても悲しい現実です(^^;

そこで!・・当店では、穴が開いたときにできるだけ目立たず処理するための補修用パッチを作りました!

提供方法

ご購入時に直径5センチの丸パッチを3枚同梱させていただきます。

追加やそのほかのサイズをご希望の場合はご連絡いただければ、無料で送らせていただきます!

生地のスペック

素材

テントと同じくポリコットン製で、糸の太さ、織も近く質感もかなり違和感ないと思います。


テントの色自体もロットによって若干の差はありますが、ほとんど違和感なくお使いいただけるレベルだと思います。

【素材と色について】

補修用に生地をお探しになった方は分かると思いますが、同じポリコットン製で近い色の生地というのは中々見つかりません。

特にベージュのような中間色は探すのが難しいと思います。

実際にお使いの方からのたくさんのご意見を元に製作に至ったリペアパッチですので、きっとお役に立てると思っております。

ぜひご活用いただければと思います。

使用方法

裏にアイロン接着可能な加工を施しました。

ポリエステルを含んでいるのでアイロンがご不安な方は布用接着剤等でも補修可能です。

裏を処理していてほつれにくいので、補修後のほつれも少ないかと思います。

3)クロンダイクの土間対応グランドシート

2017年モデルからだったかと思いますが、クロンダイク等はエントランスからセンターポールまでの三角エリアを土間にできる仕様になりました。

それ以降、その土間に対応したグランドシートはないですか?というお問合せをたくさんいただくようになりました。

ただフロアシート同様ジッパーの仕様にするとかなりコストがかかってしまい、なかなか販売までたどり着けずにいました。

ですが、お問合せの際にいただいたご要望やご意見を取り入れながら試作を繰り返すことで徐々に方向性がはっきりしてきまして、今期よりやっと販売出来ることになりました!

シートの仕様

簡単にイラストにしてみました。

形や実際の割合とは異なりますので、あくまでもシートの仕組みの解説のための画像ですm(__)m

色も実際は同じ黒のシートです。わかりやすいように色分けしています。

2枚のシートが約20㎝ほど重なるようにできています。

当初はジッパーやベルクロ等でしっかり閉じて・・・という方向性でしたが、お客様から、「簡単に重ねるだけでも十分では?」というご意見をいただきまして、実際に検証した結果、もちろん完全に閉じていないので、激しい雨の際には隙間からシートの上に水が出る可能性は0ではないですが、通常の環境であれば機能的に全く問題ないという結論に達しました。

おかげで通常の価格に3000円プラスという価格で販売できることになりました(⌒∇⌒)

以下ページにてさらに詳細とご注文も承っておりますのでぜひご覧ください!

まとめ

ローベンスのテントはここ数年かなり人気が出てきました。

お使いになる方が増えると様々なご意見をいただくようになります。

海外のテントは、日本のテントと比べるとどうしても細かいところに手が届かないところがございます。

当店では基本的にはお客様から頂いたご意見やご要望を元に、少しでも快適にご使用いただくためのオリジナルアイテムを製造させていただいております。

これからもメーカー純正では対応できない点を補えるアイテムを展開していきたいと思っておりますので、ご意見ご要望等ございましたら是非お気軽にご連絡いただければと思います。

気になる点がございましたらメール、電話にてご連絡いただければと思います。

どんなことでも構いませんのでお気軽にご連絡くださいね(⌒∇⌒)

つながらない場合はメッセージを残していただければすぐに折り返しお電話させていただきます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも、役立つ情報やオススメモデルの情報など随時更新していきますのでぜひチェックしてください!

当店ではネットでのお買いものということで少しでも安心していただけるように心がけております。

実際にお客様にいただいた直筆のメッセージや商品保証など、今後も更に安心してお買い物いただけるお店を目指していきたいと思っておりますので、お気づきの点などございましたらお気軽にご連絡いただければと思います。

お客様からいただいた感想やご意見を掲載させていただいています。

返品交換にも柔軟に対応させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Copyrighted Image