北欧の雄“アウトウェル” のテントのくつろげるレベルは「まるで家」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

今日は、デンマーク発のファミリーテントブランド「アウトウェル(outwell)」のテントを紹介したいと思います。

確かクロンダイクやダブルドリーマーが人気のローベンスはアウトウェルの子会社じゃなかったかと思います。

「家のようにくつろげるテント」がコンセプトのブランドですので、リビング、寝室の機能性はもちろんスペース的にもかなりゆったりサイズで、他のブランドの同じ人数用のテントと比較すると一回り大きいという特徴があります。

例えば4人用のテントでいうと、他のブランドでは「ギリギリ4人まで使えるけど丁度良いのは3人」というのがほとんどですがアウトウェルは「4人用は4人でゆったり過ごせるサイズ」といった感じで、実際のサイズもかなり違います(^^;

今日は表などを使いながらアウトウェルと他のテントの比較をしてみたいと思います(⌒∇⌒)

アウトウェルテントの特徴

アウトウェルテントはファミリー向きのテントやキャンプ用品を販売しています。

先にもありますが、アウトウェルテントは家のようにくつろげるテントがコンセプトのブランドです。

例えば家族でキャンプに行くんだけどお母さんは日焼けもしたくないしあんまり外は得意じゃない・・・なんていうパターンは結構ありますよね?

アウトウェルはそんな方でも一緒に楽しめるような工夫がたくさん施されています。


大きい窓

大きい窓を付けることでテント内でも明るく過ごすことができます。

もちろん日差しが気になるときにはカバーを閉じることで日差しをガードすることができます。

テントの中から見守るだけでも、一人で家で待っているよりは楽しめると思いますよ(⌒∇⌒)

メッシュドア

特に高温多湿な日本で、テント内でくつろぐためには「通気性」は重要です。

当店取り扱いのアウトウェルテントは全モデルフライシートのエントランスにはすべてメッシュが付いています。

2か所以上のエントランスが設置されており風が抜けますので暑い季節にはかなり有効です(⌒∇⌒)

視認性の高いメッシュを使用していますので外の景色も十分に楽しめます。

広い空間

雨が降った場合にはテント内でキャンプを楽しめるように十分な空間が確保されているのもアウトウェルテントの特徴です。

雨の日のキャンプは敬遠されがちですが、アウトウェルテントなら、いつもとは違う環境で、雨の音を感じながら家族でゲームなどを楽しむのも、その時にしかできないキャンプを十分に楽しむことができると思いますよ。

安心してテント内で楽しめるようテントの耐水圧も4000mmとかなり高いレベルの素材を使用しています。

ガイロープ

アウトウェルテントは、視認性の高いカラーリングのロープを採用しています。

お子様も使用する前提で企画されているので足をひっかけにくいようにという、アウトウェルならではの工夫も施されています。

使用人数別テント比較

4人用テント

 

ミッドナイト

ドリーマー

ネバダ4 デンバー4
サイズ 445x250x190 485x300x200 500x335x210
重さ 10.6kg 16kg 27.1
フロア リビングのみ 全体 全体
耐水圧 5000㎜ 4000㎜ 4000mm

インナー

215x215x180 215x270x180 220x300x195
ポール アルミ グラスファイバー グラスファイバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッドナイトドリーマーとネバダは比較的似た形のテントですが、同じ四人用ですが幅が50㎝、リビングは長さも50㎝程ネバダが大きいです。

感覚的にはかなり広く感じると思いますよ。

ファミリーとしても使い勝手の面から言うとネバダが優勢でしょうか。

アウトウェル ネバダ4


アウトウェル デンバー4


5人用テント

  ダブルドリーマー ネバダ5 ネバダMP
サイズ 475x280x190 485x360x200 540x360x210
重さ 12.5㎏ 18.7kg 25.6kg
フロア リビングのみ 全体 全体
耐水圧 5000mm 4000mm 4000mm
インナー 215x260x180 215x320x180 250x320x195
ポール アルミ グラスファイバー グラスファイバー

ダブルドリーマーとネバダ5を比較すると、全長は変わらないですが、幅が80㎝も違います。スタイル的にはダブルドリーマーがかっこいいですが、こちらもリビング、寝室とも使い勝手でいうとネバダが優勢でしょう。

アウトウェル ネバダ5


ネバダMP


6人用テント

  レイサ6 デンバー6 フェニックス6
サイズ 645x295x210 750x400x220 780x410x210
重さ 17kg 31.5kg 31.5kg
フロア 無し(インナーには床有) 全体 全体
耐水圧 3000㎜ 4000mm 4000mm
インナー

230x280x200

160x275x170

220x360x205 220x380x195
ポール アルミ グラスファイバー グラスファイバー

ローベンスには6人用で比較できる人気のテントがないのでノルディスクのレイサ6と比べてみました。

レイサに形的に似ているのはフェニックスですが、フェニックスはかなり大きいです。

区画サイトでは使えないサイトも結構あると思います(^^;

レイサは4人と2人の2寝室ですが、フェニックスは横並びで6人寝ることができ、更にリビングも2ルームなので、本当に「別荘」感覚で使えるテントです。

6人用に関しては、アウトウェルのテントは日本の規格には大きすぎるかもしれません。

フリーサイトでしたら間違いなく存在感も発揮できますしとても楽しめるテントです。

アウトウェル デンバー6


 

アウトウェル フェニックス6


アウトウェルフェア

当店ではこのアウトウェルテントの良さを知ってもらいたく、アウトウェルフェアを開催中です。

台数限定ですが、かなりお買い得ですのでよかったら見てくださいね(⌒∇⌒)

まとめ

アウトウェルのテントはファミリーでのキャンプではとても使い勝手の良いテントがたくさんあります。

同じくデンマークのローベンスのテントが今年人気が出て、知名度も結構上がったのではないでしょうか?

ただトンネルタイプに関しては少し小さいというご意見もありました。

そんな方にお勧めしてきたのがアウトウェルのテントでした。

見た目は好みが別れるところですが、スペックは申し分なく、日本では重要なエントランスメッシュも全てのモデル(当店取り扱いモデル)で、全てのドアに採用されています。

ローベンスのテントをキャンプ場で目にする機会が増えてきました。

人と違うテントを探すなら今アウトウェルがおススメです(⌒∇⌒)

わからない点などございましたら、どんなことでも結構ですのでお問い合わせください。

つながらない場合はメッセージを残していただければすぐに折り返しお電話させていただきます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも、役立つ情報やオススメモデルの情報など随時更新していきますのでぜひチェックしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Copyrighted Image