遂に完成!ローベンス クロンダイク用 ”土間対応”グランドシートの全貌を解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

今日は待望のローベンスクロンダイクの土間対応グランドシートに関するお知らせです。

2017年からクロンダイク他アウトバックシリーズのテントはエントランスからセンターポールにかけて土間にできる仕様になりました。

当店では従来のフルサイズタイプのフロアに対応したグランドシートは販売しておりましたが、土間対応版は同じようなZIP仕様にすると製造原価がかなり高くなり、グランドシートであまり高いのはどうなのだろうかという事で、中々製品化できずにいました。

お問合せをたくさんいただく中で、当店の事情も含めてお話させていただくと色々とご提案をいただくのですが、そのご提案を参考にさせていただく中で徐々に形になっていきまして、今期より何とか製品化することができました。

製品化といいますか、当店でご購入いただいたお客様へのサービスの一環として付けさせていただいているものなので製品化というと少し語弊があるかもしれないですね(^^;

※基本的に繁忙期はグランドシートのみでの受付はしておりません。時期によっては承らせていただきますのでお問合せをお願いいたしますm(__)m

以下で仕様について説明させていただきます(⌒∇⌒)

クロンダイク 土間対応グランドシート仕様

土間対応グランドシートは2つパターンがあります。

◆仕様1 【4/5タイプ】


1つは、常に土間としてお使いになる方のための、常時土間仕様グランドシートです。

これは画像のようにパックマン(^^;のような形状ですので、土間部分はフォローすることはできません。

◆仕様2 【2ピースタイプ】

2つ目は、土間とクローズと両方に対応したシートです。

こちらは2枚のシートを組合わせて使用します。

※イラストは仕様の説明用ですので、実際のクロンダイクの形状とは若干違います。

上のイラストのように、土間部分とそれ以外の部分の2枚のシートの境目が20cm程重なっており、この重なりによって、雨が浸入しにくい仕様となっております。

試してみましたが、通常の雨では遜色なく使えました。

ジッパー仕様にするとコスト的にかなり高くなってしまうので、グランドシートとしては2枚重ねの仕様で十分かと思います。

2枚のシートにそれぞれ1か所ずつベージュと赤のループが付いていますので、同じ色のループ同士を一緒にペグダウンすることで簡単に重ねの位置決めすることができます。

設営手順

4/5タイプは普通にペグダウンしていただければ大丈夫ですので2ピースタイプで2ピースとも使う場合の設置手順を説明させていただきますm(__)m

まず小さい三角(土間部分のグランドシート)を3か所ペグダウンします。

その上にもう1つの大きいほうのシートをかぶせて、赤とベージュに色分けされたループの同じ色同士を合わせてペグダウンします。

あとは残りをペグダウンしていただき完成です。

どちらが上でも良いのですが、小さいシートを上にすると中央部分がペグダウン出来ないので、風があるとめくれてめんどくさいので、小さいシートからのほうが楽だと思いますよ(⌒∇⌒)

4/5タイプにも赤とベージュのループは付いていますので、後から別途土間部分のみご購入いただくことも可能です。

まとめ

2年間頭のどこかに常にあってもやもやしていたのがこの土間対応シートでしたが、お客様の貴重なご意見のもとにやっと完成することができました。

もちろん改善点などございましたらご意見をいただければ積極的に取り入れさせていただきたいと思いますので、お気軽にお電話、メールいただければと思います。

こちらのクロンダイクセットですが、その他のアウトバックシリーズ同様「当店オリジナル アウトバック用リペアパッチ」も付属していますよ!

気になる点がございましたらメール、電話にてご連絡いただければと思います。

どんなことでも構いませんのでお気軽にご連絡くださいね(⌒∇⌒)

つながらない場合はメッセージを残していただければすぐに折り返しお電話させていただきます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも、役立つ情報やオススメモデルの情報など随時更新していきますのでぜひチェックしてください!

当店ではネットでのお買いものということで少しでも安心していただけるように心がけております。

実際にお客様にいただいた直筆のメッセージや商品保証など、今後も更に安心してお買い物いただけるお店を目指していきたいと思っておりますので、お気づきの点などございましたらお気軽にご連絡いただければと思います。

お客様からいただいた感想やご意見を掲載させていただいています。

返品交換にも柔軟に対応させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Copyrighted Image