キャンバスキャンプ 最新テント 「なんかちょうど良い」シブレー450とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑↑詳細はコチラ

こんにちは。

今年はシブレーを始めキャンバスキャンプのアイテムが勢いがあります!

シブレープロテックを筆頭にタープも各種人気ですね。

あとシブレー500スタンダードとインナーテントの組合せなども問合せの多い注目の組合せです。

キャンバスキャンプはあまり新商品を毎年出すというメーカーではないので、毎年定番の商品をしっかり作っているイメージがあります。

私はむしろそんなところが、職人気質といいますか、しっかりしたものづくりをしていてすごく好きなところでもあります。

そんなキャンバスキャンプが最近新商品を販売しました。

それがコレ

シブレープロテック450と

 

シブレー450 アルティメットプロです。

 

簡単に上記モデルの仕様の説明をすると、シブレーの中でもハイスペックモデルな「プロ」シリーズというのがあります。

プロシリーズには「プロテック」と「アルティメットプロ」の2種類あります。

プロシリーズが他と違う点は、高耐久性コットン / メッシュドア標準装備 / ラージペグ / フロアの厚みがより分厚いという点です。

上の機能を持ったのがアルティメットプロで、それにメッシュサイドウォールを付けたのがプロテックになります。

今までは、他のメーカーと同じく400(直径4m)の次は500(直径5m)といった展開でしたが、

今回はその「プロ」シリーズに450(直径4m50cm)が販売されました!

 

それ・・・いる?という声も聞こえてきそうですが、意外と4mだと小さいけど5mは大きいというご意見は多いので、それで新しく導入されたようです。

 

「新商品」といった画期的なものではないですが、こういった細かい対応がキャンバスキャンプらしいといいますか、メーカーの姿勢が見えるなと感じました。

4mと比べると直径が50cm大きくなるので周囲が25cmづつ広くなることになります。たかが25cmですけど感覚的にはそれだけでも結構広く感じると思います。

4mタイプが12.5㎡に対して4.5mたいぷは15.8㎡なので、3.3㎡広くなります。

分かりやすく「畳」でいうと約1.8畳広くなります^_^

1.8畳というと結構つかえますよね! 荷物を置くのにも十分なスペースですし、一人分の就寝スペースとしても十分です。

 

4mでは少し物足りないかなと感じたら、4.5という選択肢もおすすめですよ。

サイトにもよりますが規格サイトでも大丈夫なところが多いと思います。

中には小さいところもありますのでご確認くださいね^^; 9mあれば張れるんじゃないかなと思います。

 

詳細のスペックを紹介しますね^_^

【重量】 アルティメットプロ 36kg / プロテック38kg
【サイズ】450×450×275cm (L x W x H)
【材質】コットン100%
【定員】6~7人
【付属品】ペグ ガイロープ

重いのは重いですね。これはコットンテントの特徴でもあるのでご勘弁ください。重さも込みで愛せるテントですので^_^

400は6人用ですが、ゆったりするなら5人までと紹介してきました。

450は6人でゆったりできるくらいのスペースがあります。

高さも400と500の中間の275cmとなっていますので、シルエットもほぼ変わらずというのもいいですね!

 

今回紹介の商品は

シブレープロテック450と

 

シブレー450 アルティメットプロでした。

 

選択肢が増えて、サイズ選びに迷う方もいらっしゃるかなと思います。

気になる点がございましたらメール、電話にてご連絡いただければと思います。

どんなことでも構いませんのでお気軽にご連絡くださいね(⌒∇⌒)

つながらない場合はメッセージを残していただければすぐに折り返しお電話させていただきます!

これからも、役立つ情報やオススメモデルの情報など随時更新していきますのでぜひチェックしてください!

当店ではネットでのお買いものということで少しでも安心していただけるように心がけております。

実際にお客様にいただいた直筆のメッセージや商品保証など、今後も更に安心してお買い物いただけるお店を目指していきたいと思っておりますので、お気づきの点などございましたらお気軽にご連絡いただければと思います。

ハロアウトドア販売サイトはコチラ≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Copyrighted Image