1~2人用テントのグランドシート(フットプリント)送料込みで1580円で作ります。

こんにちは。

当店はグランドシートを自社製造してテントとセット販売しているのですが、ファミリー向けのテントが多いので作るシートも大きいものが多いのですが、最近はソロ用や2人用のテントのグランドシートのご依頼が増えてきました。

そこで今回はソロ~2人用の小型のテント用のグランドシート(フットプリント)のキャンペーンを展開することになりましたのでそのお知らせです。

以下項目ごとにまとめさせていただきました。

続きを読む

コディアックキャンバスのフレックスボウとどう違う? ホワイトダックとは?

こんにちは。

昨年から引き続き、コディアックキャンバスのフレックスボウVXが人気ですね。

コディアックキャンバスはアメリカのメーカーなのですが、アメリカには似たようなタイプのテントを作っているメーカーがいくつかあります。

その中で当店はWHITE DUCKというメーカーと契約しまして、ファミリーエクスプローラ―DPというテントを取り扱う事になりました。

契約上コディアックキャンバスは取り扱えなくなるので、残念ながら販売は終了させていただきますm(__)m

人気のコディアックの取り扱いをやめるのは中々厳しい決断でしたが、それでも取り扱いたいと思ったくらい「良い」テントでした(⌒∇⌒)

パッと見、色違いにしか見えない両テントですが、比較するといろんなところが違っています。

ですので今回は2つのテントの相違点を中心に比較してみたいと思います。

続きを読む

ローベンスのダブルドリーマー 2019モデルの変更点は? 今年は確実に改良ですよ!

こんにちは。

今日はローベンスのダブルドリーマー2019年モデル昨年からの変更点をまとめてみたいと思います。

ダブルドリーマーは毎年少しずつ仕様の変更があるのですが、年々その仕様は日本ではあまり支持されない仕様になってきていました。
例えばフロアが縫い付けになって、土間として使えなくなったり、メッシュやドアの数が減ったりです。
ところが今年は昨年のモデルと比べると日本の気候には適した仕様になっているではないですか。
残念ながら土間にはできませんが、確実に今年は「改良」じゃないかなと思います。

変更点まとめ

 

メッシュドア

まず一番はメッシュドアの仕様変更です。
昨年のモデルはフロントに一箇所、サイドに一箇所エントランスがついていましたが、メッシュはサイドのドアにしかついていませんでした。
今年は サイドとフロント両方にメッシュがついています。
メッシュがついていないと 虫が侵入してくるので、高温多湿の日本では メッシュが必須なのですが、一面しかついていないと通気が悪くなるので やはり2箇所以上ドアが欲しいところです。
昨年のモデルと比べて昨日として減ってしまった点もあります。
昨年まではフロントとサイド両方のエントランスを跳ね上げて放置にできたのですが、2019年のモデルはフロントのみ跳ね上げ可能です。
でも跳ね上げはできなくなりましたが、両方のエントランスのメッシュが復活したというのはかなり大きな変更ではないでしょうか。

 

フロア

フロアは素材等の変更はありませんが、2019年モデルはテント全面にフロアが付きました。
以外とご存じない方も多いかもしれませんが、昨年のモデルは前室部分だけにフロアが縫い付けられていて インナーテントをつける部分には床がついていませんでした。
インナーをつけないと半分だけに床がついているといった感じです。
なぜこのような仕様だったのかは謎ですがちょっと中途半端な仕様でした。
上にもありますが、残念ながら土間にはできませんが、全面にフロアがついたことで雨の侵入にはかなり強くなりましたし、インナーをつけずにワンフロアで使うこともできるようになりました。

 

ポーチ

メッシュドアの項目でサイドのエントランスは跳ね上げできなくなったと説明しましたが、新たに跳ね上げではなくエントランスポーチがつきました。
小さいですが雨の日などは意外と効果的です。ないよりはあった方が絶対に使いやすいと思います。 



色についてですが、昨年のサンドベージュ もかなり評判は良かったです。
今年もベージュ系の色なのですがメーカーから提供されている画像はちょっと色がわかりにくいようです。
設営は時間がなくしていませんが工房で開封だけしてみました。


画像のようにメインの色はベージュですが、スカートと言いますか裾の部分(昨年までは黒だったところは茶に変更になっています。 
黒だったところが茶になったことで明るい印象になりました。


ガイロープは昨年同様赤ですか、ポールは 画像のようにモカと言いますか明るめの茶に変更になっています。
全体明るくなったイメージで女子ウケしそうなカラーリングといった感じでしょうか。

 

まとめ

以前はダブルドリーマーと言うと土間で使えるというのが魅力ではありました。
ドアも3カ所でしたし。
ただ今年のモデルは何度も言うように土間にはできませんが、お座敷スタイルで 使うにはとても使いやすくなったと思います。
昨年よりもファミリーでのご使用にはとてもお勧めできる仕様になってます。

気になる点がございましたらメール、電話にてご連絡いただければと思います。

どんなことでも構いませんのでお気軽にご連絡くださいね(⌒∇⌒)

つながらない場合はメッセージを残していただければすぐに折り返しお電話させていただきます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも、役立つ情報やオススメモデルの情報など随時更新していきますのでぜひチェックしてください!

当店ではネットでのお買いものということで少しでも安心していただけるように心がけております。

実際にお客様にいただいた直筆のメッセージや商品保証など、今後も更に安心してお買い物いただけるお店を目指していきたいと思っておりますので、お気づきの点などございましたらお気軽にご連絡いただければと思います。

お客様からいただいた感想やご意見を掲載させていただいています。

返品交換にも柔軟に対応させていただきます。

 

キャンバスキャンプのシブレープロテックに300が加わってまさに最強テントに!

こんにちは。

今日は今年新しく発売されたシブレー300プロテックを紹介したいと思います。

まずシブレープロテックとは何かについて説明したいと思います。

シブレープロテックとは?

プロテックというモデルはシブレーの最もハイスペックなモデルのことで、 最大の特徴はサイドの立ち上がりが360度メッシュになる という点です。

その他、従来のモデルよりも厚手のコットンを使用し、常設の施設でも使用できる耐久性を持っています。

2018年までは、500、450、400と言う三つのサイズでの展開でしたが、今年新たに300という3 M のモデルが発売されました。

続きを読む

ノルディスクのレイサ6と迷っている方に。Xtend adventure「グランドホテルTC」試張レポート |

こんにちは!

今年から取り扱いを始めたエクステンドアドヴェンチャーのグランドホテル。

ご質問も結構いただきますがノルディスクのレイサ6と比較されて検討されている方が多いようです。

確かになんとなく似ていると言えば似ていますよね(⌒∇⌒)

中々時間が無く当店の工房で開封したブログしかアップできていませんでしたが先日やっと試し張りできましたので、今回はその感想を紹介したいと思います。

※付属やパーツの解説は↑のリンクからのブログに詳細載せています(⌒∇⌒)

続きを読む

遂に完成!ローベンス クロンダイク用 ”土間対応”グランドシートの全貌を解説します!

こんにちは!

今日は待望のローベンスクロンダイクの土間対応グランドシートに関するお知らせです。

2017年からクロンダイク他アウトバックシリーズのテントはエントランスからセンターポールにかけて土間にできる仕様になりました。

当店では従来のフルサイズタイプのフロアに対応したグランドシートは販売しておりましたが、土間対応版は同じようなZIP仕様にすると製造原価がかなり高くなり、グランドシートであまり高いのはどうなのだろうかという事で、中々製品化できずにいました。

お問合せをたくさんいただく中で、当店の事情も含めてお話させていただくと色々とご提案をいただくのですが、そのご提案を参考にさせていただく中で徐々に形になっていきまして、今期より何とか製品化することができました。

続きを読む

Copyrighted Image